教育方針|鹿児島大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理専攻

教育方針

教育目標

鹿児島大学大学院臨床心理学研究科は、臨床心理分野の高度専門職業人として、深い学識と卓越した能力及び職業倫理を身につけ、国民のこころの問題に即応した心理支援ができる臨床心理士を養成することを教育目標としています。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

鹿児島大学大学院臨床心理学研究科は、全学の学位授与の方針及び臨床心理学研究科の教育目標に鑑み、以下に挙げる能力を身につけ、所定の単位を修得し審査に合格した者に「臨床心理修士(専門職)」の学位を授与します。

  1. 臨床心理分野の高度専門職業人としての責任感、職業倫理観をもって心理支援ができる能力
  2. 個人や組織・集団を対象とした見立てと心理支援ができる能力
  3. 地域の歴史や文化を視野に入れ、それらの理解に立った心理支援ができる能力
  4. 事例研究を行い、新たな課題探求ができる能力
  5. 臨床心理分野で指導的な役割を担うことができる能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

鹿児島大学大学院臨床心理学研究科は、学位授与の方針に鑑み、以下に示す方針に基づいて、高度な専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培う系統性のある教育課程(カリキュラム)を編成のうえ、実施します。

  1. 臨床心理分野の高度専門職業人として、専門的心理支援に必要な深い学識と卓越した能力を養成する体系化した教育を展開します。
  2. 学内及び学外での実務教育を行い、地域に根ざした臨床心理分野の高度専門職業人としての責任感と倫理観を養成する教育を展開します。
  3. 臨床心理分野において、指導的な役割を担うことができる実務家を養成する教育を展開します。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像
  • 臨床心理学に関する専門的技能を身につけたい人
  • 臨床心理学に関する実践力を身につけたい人
  • 臨床心理士資格の取得を目指す人
  • 臨床心理士資格を有しており、リカレント入学としてより高度な技能や実践力を身につけたい人
2.入学前に身につけておいて欲しいこと
  • 学士レベルの基礎的な知識と技能
  • 臨床心理学及び心理学に関する経験と幅広い知識
  • 専門的心理支援を学ぶために必要となる柔軟な思考力と判断力
3.入学者選抜の基本方針

教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、専門科目(臨床心理学及び心理学に関するもの)、外国語科目(英語)、及び口述試験を課し、専門分野に関する知識や能力、英語の基礎的能力、臨床心理士になるための目的意識や適性等を評価します。

ページトップへ